同病“類”哀れむ

病を“相”憐れむと言うほどにも、僕らの想いは通い合っていなかったのか。
奴隷上がりの騎士アーヌが、とある任務を帯びて向かったのは、過去に自身が奴隷として虐げられた街だった。