わが胸に咲く花は追憶の色

小さな村に暮らす少女セシアは、ある日見慣れぬ“ぐんじん”に出会う。
が、どうやら村の大人たちは“ぐんじん”のことが嫌いらしい――それは、遠い夏の日の記憶。